城南・城西・城北・都心エリア+埼玉エリアを中心とした賃貸物件、土地活用、物件管理なら東和開発




ホーム>オーナーの皆様へ>土地有効活用>等価交換

オーナーの皆様へ

等価交換

等価交換は「土地を有効活用したいが、資金が不安」という方におすすめです

等価交換の仕組み

等価交換とは、所有地をディベロッパー等事業パートナーに出資し、建設後、土地オーナー様が土地評価額に相当する建物と土地の持ち分を取得することです。土地オーナー様が土地と建物の一部を等価で、事業パートナーと売買・交換することになるので、等価交換方式と呼ばれています。

土地オーナー様は、土地を手放す代わりに、新たに建築した建物の一部を資産として所有できます。建築資金を用意する必要がなく、しかも自身の住まいも確保できるメリットがあるわけです。「土地を有効活用したいけれど、資金が不安」という方に適しています。

譲渡税の優遇措置があるので遺産分割が容易というメリットがありますが、一方で土地の権利が共有持分割合になってしまうというデメリットもあります。

等価交換のメリット

  • 自己資金が要りません
  • 手間が一切かかりません
  • 土地との縁が切れません
  • 譲渡税の優遇措置が可能です
  • 複雑な権利関係を解消します
  • 相続時の遺産分割が容易です

等価交換の主な流れ

等価交換の主な流れ

東和開発ならではの等価交換

  • 多数ある事業パートナーからより最適な優良企業を選出します。
  • お手元に資金を残す割合や等価交換したい割合等、目的を整理します。
  • 等価交換分の建物をニーズにあわせて取得できるようにします。

等価交換分の建物を賃貸にしたい場合は、上層階より下層階を取得しましょう。賃料は、上層階も下層階も大きく変わるわけではありませんので、下層階でより多くの建物を等価交換してもらいましょう。

建設会社やマンションディベロッパー等が事業パートナーとなりますが、土地所有者様の土地評価額や等価交換割合は、事業パートナーからの一方的な提案になりがちです。東和開発では、多数ある事業パートナーから最適な相手先を選出致します。土地オーナー様の目的の整理、事業パートナーとの契約における注意、等価交換割合の御提案も当社が行います。
入居後や賃貸開始後のアフターフォローも致します。

御相談・お問い合せはこちらから 土地活用に関するFAQ

ページの先頭に戻る▲



東和開発株式会社
Copyright ©  Towa Kaihatsu Inc. All Rights Reserved.